民宿の楽しみ方

旅館やホテルでは味わえな記憶の奥底に眠る、古き良き田舎の原風景をここ大原の里で満喫してください。

当館は民宿でございます。旅館やホテルのような手厚いおもてなしを期待すると、
「えっ?」と思わせてしまう部分があるのも事実です。
しかし見方を変えると、味わいのある古い建物や良い意味で素っ気ないサービスが、
記憶の奥底にある古き良き田舎で過ごす時間を呼び起こしてくれるはずです。
旅館やホテルとは異なるいくつかの特徴を抑えておけば、
民宿で過ごす時間はより充実したものになるでしょう。

大自然と一体を成すロケーション

大原の里は大自然に囲まれた民宿です。蚊や蟻、蛾など、自然界からのお客様が訪れることが多々ございます。これも都会では味わうことのできない「体験」の一つ。フロントで蚊取り線香、虫よけスプレー、虫駆除スプレーをご用意しておりますので、お気軽にお申し付けください。

セルフサービス中心の接客

お食事のご飯や味噌汁はセルフサービス、またお布団ひきもセルフサービスとなっております。旅館やホテルと異なる、民宿の大きな特徴の一つです。お客様だけのリラックスしたお時間をお楽しみ下さい。

昔ながらのシンプルな屋敷

お部屋は、昔ながらのシンプルな座敷となっております。バス・トイレはございません(一部の部屋を除く)ので、共同のものをお使い下さい。また大原は日本海の冷たい空気がそのまま通ってくるので冬は底冷えがします。フロントに補助の暖房器具をご用意しておりますので、お気軽にお申し付けください。

地域の特産品や名物を活かしたお食事

地域と密着している民宿ならではの特徴です。大原の里では、地域の地鶏や野菜などを風味豊かな手作りのお味噌で煮込んだ鍋など、地域の特産品を活かした料理をご提供しています。毎年秋にはお米も収穫されます。都会で生活していると食べられる機会の少ないものばかりです。