新着情報

旅行読売

2017.12.30

旅行読売出版社様の「旅行読売」に掲載いだだきました!

一万円の極上宿、に掲載されています。

読み応えのある文章でした!

他の施設様も大変魅力的ですので是非書店でお買い求めくださいませ。

26047280_1804842422883887_4236289948586322188_n 24129984_1776951439006319_7055653875708601153_n 24775008_1776951452339651_7671131208356171998_n

滑り止め

2017.12.10

IMG-4111

 

当宿の前は冬には凍ったり雪が積もったりする事があり滑って危ないので、大豆の入っていた袋を解いて滑り止めに引いています。

こういった昔の袋の再利用なども昔に戻す昔の雰囲気を残す事に一役買っています。

【クラウドファンディング開催中!】
https://www.makuake.com/project/ooharanosato/
※クラウドファンディングとは?
「~を作りたい、~なサービスを提供したい」などの立案者の想いのこもったプロジェクトを実行するために必要な資金を「サービスや商品をお返しとして」インターネットを通じて色々な人から支援して頂く仕組みのことです。支援いただきましたお客様には、優先的にその商品を得る事が出来たり、優先的にそのサービスを受ける事が出来たり、お得にそのサービスを受ける事が出来ます。

当宿の場合は、味噌の発送や日帰り温泉のプランやお得な宿泊プラン、等が「お返し」となります。

こたつ

2017.12.08

23172615_1746064612095002_2127203769844411742_n

とても寒くなってきました。

当宿は日本海からの非常に冷たい空気が京都市内へ抜ける山道にある民宿です。

更に昔ながらの木造建築ですのでエアコンを効かせていても都会のホテルさんのような部屋の中では半袖でオッケーのような状態にはなりません。

そういう状況の中でなるべく快適にお過ごしいただけますように数年前から「こたつ」を入れています。こたつに入って何も無い時間をお楽しみください。

追加の暖房器具もご用意しておりますのでご希望のお客様はスタッフまでお知らせください。押し入れに入っているお布団もご自由にお使いください。

しかしながらそれでも都会とは違う寒さがあります。

The place where my inn is located is very cold. Because the area where my inn is located is located in the middle of the cold air from the north flowing into Kyoto city.

Unlike in a city hotel, my inn is a wooden building so even if you use air conditioners you can not spend a short sleeve in the room.

So I am putting “Kotatsu” of Japanese traditional heating equipment in my room in my room. Since ancient times everyone in Japan talks with their families while taking warmth with a kotatsu. Please experience the old culture of Japan.

There is an additional heating appliance, so if you wish, please order to the staff. Please use the futon in the closet freely.

Still winter Ohara is cold.

「京阪神から行く 日帰り温泉」(京阪神エルマガジン社)

2017.12.05

「京阪神から行く 日帰り温泉」(京阪神エルマガジン社)

に掲載いただきました(^^)/

24294023_1776951442339652_5663956024951662551_n 24129984_1776951439006319_7055653875708601153_n 24775008_1776951452339651_7671131208356171998_n

味噌樽のふた

2017.11.08

11659502_928011650588404_4277786912850068193_n

当宿では100年以上前から味噌を作り続けています(現在は姉妹店の味噌庵として製造販売中です)。

味噌を熟成させる樽の蓋も古くなっても捨てないで修繕を繰り返して使い続けます。

長いものだと50年くらいは修繕しながら使っている蓋もあります。さすがにもうそろそろ引退の時期ですが(笑)。

そういった木の中にも味噌の熟成を助ける菌が住んでいるので簡単には捨てません。

古いものを大事にしていきたいという考え方はこの味噌屋の味噌造りからきています。

【「古い宿にもどしたい」クラウドファンディング開催中!】
https://www.makuake.com/project/ooharanosato/

※クラウドファンディングとは?
「~を作りたい、~なサービスを提供したい」などの立案者の想いのこもったプロジェクトを実行するために必要な資金を「サービスや商品をお返しとして」インターネットを通じて色々な人から支援して頂く仕組みのことです。支援いただきましたお客様には、優先的にその商品を得る事が出来たり、優先的にそのサービスを受ける事が出来たり、お得にそのサービスを受ける事が出来ます。

当宿の場合は、味噌の発送や日帰り温泉のプランやお得な宿泊プラン、等が「お返し」となります。